醜いと思う心

手を押える女性

勘違いしてしまう

身体表現性障害には5つの症状があります。その一つである身体醜形障害というのは、自分の体に欠陥が生じているという思い込みが酷くなるという特徴があります。自分の体が好きではないという思いは特別なことではなく、誰でも一度はこのような思いにとらわれてしまうことがあります。しかし、身体醜形障害の場合、ちょっとしたことでその思いにとらわれて、悩みがドンドン深くなってしまいます。実際は欠陥があるわけではないのですが、本人は「自分は何て醜い姿をしているんだ」という思い込みを持ち、何時間もそれを気にしてしまいます。周囲は「全然変じゃないのに」と首を傾げても、本人にとっては耐え難い苦痛となるので、身体表現性障害の症状の一つとされているのです。

気にするあまり

身体醜形障害で悩む方は、顔に悩みを抱える場合が多いようです。ニキビが出来ているのかを気にするあまり、何回も鏡を覗き込むという行動を取ったりします。他にも、自分の姿が映り込むのを嫌がって鏡を過剰に避けてしまったり、顔を隠す為にサングラスを掛けたり、マスクで顔を覆い隠すといった行動も取るようになります。中には思い込みが激しくなって何度も何度も整形手術を繰り返すという行動を取ることもあり、顔の状態が良くなるどころか余計酷くなるという結果を招いてしまうようになります。また、顔だけでなく、お腹やお尻、体毛、性器など体の一部分を気にする人もいます。

症状の特徴

身体醜形障害は主に思春期で掛かることが一般的と言われています。また、男性と女性を比べた場合、ほぼ同程度に掛かることもあれば、女性の方が掛かる人が少し多いこともあるようです。また、症状の強弱については個人差があり、症状が少しずつ起きる場合もあれば、唐突に起きる場合もあります。身体表現性障害はどれも恐ろしい症状ですが、身体醜形障害の場合怖いのが、先に挙げた整形手術の繰り返しだけでなく、他人に自分の容姿は良いか何度も聞いたり、人とコミュニケーションを取るのを嫌がったり、公共の場所に行くのを避けるようになるなど、人間関係に悪影響が生じてしまう可能性があることです。身体醜形障害は適切な治療方法を行わないと症状が長引いてしまいます。少しでも自分が身体醜形障害に掛かっているという疑いをお持ちなのであれば、身体表現性障害に熟知した医師に早めの治療をお願いする必要があります。